日本の英語教育の問題点と解決策

 日本において、英語教育は広く行われています。
公的教育において、早いところでは小学校(そうでなければ中学校)から大学まで教えられます。
それ以外では、英語教室や英語教材などの英語産業も大きな規模で存在します。
それにもかかわらず、英語下手だと言われています。
なぜでしょうか。
 公的教育において、古くから英文法や英語の読み書きは教えられていました。
日本は翻訳文化が豊かな国ですので、そのこともあって英語の読み書き等を教えることに対する、リソースが豊富なのです。
実際、海外において英語の読み書きは評価が高かったのです。
英語下手というより、評価が高かったのです。
では何が原因で、英語下手と言われるのでしょうか。
 英語下手と言われる主な原因は、長期間の学習にかかわらず、「通じる英語」を喋れないからです。
英語の読み書きは、量さえこなしていれば、力はあるはずなのです。
それに対してスピーチは、英語には日本語にない音があるため、うまく発音できないのです。
うまく発音するためには、学習の初期に徹底的に、正しい発音を繰り返すしかありません。
初期に発音を定着させることによって、「通じる英語」が自然と話せるようになるのです。