基礎教育が見直されました

日本は、他の国と比較すると、エネルギーなどの資源が、それほど豊かなわけではありません。
そのため、資源を他国から輸入して、商品を加工して輸出をすることを重視しています。
商品を加工して輸出するためには、高い加工能力やオリジナリティーが、必要になります。
この高い加工能力やオリジナリティーを、生み出すために必要なのが、教育を行うことです。
なかでも必要となるのが、小学校と中学校での基礎を充実されることですところが、この小学校と中学校に、ゆとりを取り入れることが、目標とされました。
しかし、過剰に教育レベルを低下させたことが、問題視されるようになったのです。
例えば、国際的な学力評価において、以前の日本は上位を維持していました。
ところが、ゆとりを取り入れてからは、国際的な学力評価において、下降し始めたのです。
そうしたことから、最近の基礎教育は、見直しを行うようになりました。
したがって今後は再び、国際的な学力評価において、日本が上位になることが期待されているのです。